ワイドショー

つくし
06.01.27
朝8時になると始まるワイドショー。

私はここ数年、このワイドショーを観るとどっと疲れるようになりました。
面白くて、難しい政治のニュースもわかりやすく解説してくれる。そんな利点もありますし、嫌いではないのですが、疲れる理由。

芸能人のあとに一家惨殺事件、そのあとに今をときめくフィギュアスケートの特集・・・と、短時間でスキャンダルから事件までをやっつけてしまうということ。ご飯を食べてお菓子を食べて中華料理を食べる・・・ようなものですよね。
そのスピードについていけなくなっています。

限られた時間で報道するのだから仕方ないのですが。

自分の頭で考えて、自分なりのコメントを出して、スキャンダルも事件も別のものとして心に留めておくと・・・
そういう作業も、ワイドショーを観るときには大切なのではないかと思い始めています。そうしないと、司会者のコメントがあたかも自分の意見のようにすり替わってしまう危険があると思うんです。

不倫は悪いことだ、事件はかわいそうだ、この政治家はだめだ・・・でも本当に「わたしは」そう思ってるのかな?
ただコメントを聞いて、それを自分の意見と錯覚しないよう、自分の頭で考えていきたいです。

まぁでも、司会者のコメントって「とりあえずこうおもっとけば間違いない」方向性を示してくれるから、乗っかりやすいのかなぁ。

気をつけないと・・・・。