朝の月

ぷりかも
06.08.14
月を見るのが好きです。

仕事をしていた頃、毎晩帰り道、月を探して夜空を見上げるようになりました。
きっかけは、当時疲れてへろへろになって、どうにも逃げ場もない(と、思っていた)。
これはいかん、ここで何とか解消せねば、周り空も見られないようになってはアウトだと、意識してはじめたことが、私にはちょっとだけ救いになりました。
それが、そのうち楽しみになってきて。

半月も満月、三日月もみんな好き。
赤くて怖い月も、蒼く白い月も。みんないいな。
墨のような雲があると、早く流れてくれよ〜と、去るまで待ったり。

太陽は直視できないけど、お月様はちゃんと見ることができるからいいですよね。
どうもお日様のしたでは、動かねばって思うけど、
月のしたでは、かつかつ動かなくてもいいのよ〜って言ってくれてる感じ。

満月だ、十六夜だとか理由つけてお菓子を買ってくるのも楽し。

今では、夜の月を見るのは少なくなったけど、
毎朝5時すぎ、西の空に見つける白い月。
こんな朝の月なんて、どれだけの人がみてるのかなあ〜と思うと、
ちょこっと幸せ気分になる今日この頃なのでした。