魔女のカレー

カメ子ママ
06.09.20
台風13号上陸で水道が出なくなったり、停電になったりと本当に大変でしたね。
でも91年の台風被害の経験から、今回は台風の進路をニュースで確認し、
夕方5時に長崎に再接近ならば、と逆算して3時ごろからお風呂に入り、
ご飯を炊いてカレーを作って準備万端、さすが経験者!
・・・のはずが、なんと途中で停電!
しかも集合住宅なので電動ポンプが働かず水も出ない!
電機炊飯ジャーはどこまで炊けたのか判らず、恐る恐るフタを開けてつまんでみると、
多少早いみたいけど食べれないことはないみたい。
幸いカレーの方もあとはルーを入れるだけ。
暗闇の中でアクらしきものをすくい取り、ルーを割り入れかき混ぜる。
煮炊きできなくなった時の為にいつもの何倍も大きな鍋で作っているせいか
いくら入れてもルーが足りないみたい。
買い置きのカレールーを手探りで探し出し、
ろうそくの薄暗闇の中で割り入れかき混ぜる。
なんだかんだで無事カレーも出来上がり、ろうそくの明かりで食べていると、
非常時とはいえ普段と違ってなんだか楽しい♪
普段はカレーライスが苦手でちょっぴりしか食べない次男が
「いつもよりおいしいね。今日のカレーはおいしいよ!」
とおかわりの催促までしてくれました。
ところが、ろうそくの火を頼りにコンロの前に立つ私を見て
「大きな鍋をかき混ぜてるお母さんってなんだか魔女みたいだね」
「じゃ、今日のカレーは魔女のカレーだね」と兄弟2人でコソコソ話。
「聞こえてるよ!」と私。

台風のおかげで(?)楽しく美味しい夕飯になりました。
それにしても、暗闇の中ででカンだけで味付けしたカレーが普段よりおいしいなんて
喜んでいいのやら・・・。