読書の秋です

キートス
06.10.27
頭も、心もからっぽ。虚脱感。なんだこれは?いかんいかん。と、自分で救済措置をとる。(大げさなー)
そういう時 私は本屋さんへ行きます。つらいとき、悲しいとき、落ち込んだとき、たくさん読むこと、ひたすら読むことで、何度も助けてもらったことか。
長くいても、立ち読みしても怒られない、大きな書店に行きます。
本屋さんは、知識の宝庫。なんとなく、賢い気分になれるのです。(気分だけでも〜)。
たのしい、おもしろそうな本、好きな作家の本、為になりそうな本、美味しそうな本、素敵な絵本と、興味のあるのを見ていくうちに、!っていう本が。
本が買ってくれよ〜って言ってるのが出てきたりすると嬉しい。
読書の秋?読みたい本がたくさん。なのに読むのは遅いのが、つらいところ。
図書館で借りるのが苦手なんです。読みたい本は貸出中。ほかには〜?、見つからない。「私は今、いまこれが読みたいのよ〜」っていう人にはだめみたい。わがままなのです。待てない。なので、お財布は苦しいけど、買って読みます。全てではないけど、買ったほうが、大事に読むし、頭にも入る、心にも残る。そう、作家さんにも失礼だしなあ。(と、単に自分が面倒くさがりなだけなのですが)そうしないと、素敵な一冊にはめぐり逢えない気がするんです。私の場合。
この秋、いい本に、こころに残る本に逢いたいです。