アメリカ旅行記 グランドキャニオンの旅

まっぴー
12.01.16
ラスベガスから、グランドキャニオンに沈む夕陽ツアーに参加。
どうしても陸路で行きたいという息子の意見を尊重し、アメリカのマザーロード、ルート66を通って。
途中の街はまさしくオールドアメリカン。
そこからまだまだ続くハイウェイ・・・グランドキャニオンどこだぁー。
 ついに雪の残るグランドキャニオンに到着。
あまりにもポスターと同じで目の前の本物の景色がニセ物みたいに感じられるくらい壮大で優雅で美しかったです。
天気にも恵まれて、寒かったですが、ここでしか見られない景色と夕陽を堪能しました。
そして、息子も一緒に帰国。
彼は4月から社会人1年生として、また長崎を離れ、千葉へと旅立ちます。
さぁ、これからが本当の彼の人生の旅が始まります。
私たち親の役目はほぼ終了です。
今にして思えば「ママー、ママー。」と甘えてくれていた頃、あのころが親として最高に幸せだったのかもしれませんね。
本当に子どもの成長はあっという間です。
あの頃を振り返ると子どもが子どもを産んで育てていたように思います。
今の私ならもっといろんな事をゆとりを持って接してあげれそうな気がします・
もっと優しくしてあげれれば、もっとあぁしてあげれればと悔やまれることもたくさんありますが、これからはただただ、アメリカで5年半頑張った彼を信じて見守るだけです。
てかー、見守るしかないんですよね。
最後に本当に卒業おめでとう。
たいへんよく頑張りました。
あの頃、なかなかあげなかった花まるを大きな花まるを君にあげます。     
アメリカ旅行記 完