ぬぬぬ、な レギンス の巻

姉さん女房
13.4.30
今流行りのレギンスパンツというのを買ってみました。

ちょっと前までは足長シルエットのブーツカットパンツが流行っていたのにね。
でそのレギンスとやら、ストレッチ素材でウエストはゴムなのでとても楽チン。
身に付けた姿はどうかなどうかな〜と、鏡に映った姿を見て、
ハテ何かしらこの感じ…。

「え?あっしは、風車の弥七でござんすか!?」

思わず反射的に、シュッと投げる動作をしてみたのはいうまでもありません。

んー、やっぱりモデルが美しく履いてるのとは訳が違うのです。
でもま、楽チンだしこの際「弥七」でもいいので履こうと思います。
そのうち慣れるでしょう(笑)

それにしても、レギンスとかトレンカとかスキニーとか?
最近やっとこさとっくりセーターをタートルネックと言うようになったオバサンには
その違いがよくわからず、皆まとめてスパッツと言ってしまいます。
未だにベストをチョッキ、ファスナーをジャックって言いそうになる…。

昭和かっ。

昭和と言えば、子どもの頃はパンタロンスーツとか
サロペットジーンズ(オーバーオール)がとびきりのおしゃれでした。
帽子はピンポンパンのお姉さんがかぶっている形のやつ(今で言うキャスケット)が
お気に入り。
小学校からの友人は「あー、それよくかぶっていたよねぇ。」って
色柄まで覚えてくれてます。

そして踊るのはピンクレディーや、ビューティビューティビューティペアー〜〜♪
因みに今でも覚えていて踊れます。

昨日の晩御飯何作ったか忘れてるのに!!(笑)