夾竹桃(キョウチクトウ)の花

ミニトマト
13.8.08
8月6日の朝、NHKテレビをつけた娘が
「お母さん、もうすぐだよ。もうすぐ黙とうの時間だよ」と
声をかけてくれました。
前日の夜、広島出身の友達がツイッターで
「明日は広島原爆の日。8:15には忘れず黙とうしましょう」
と呼びかけていたそうです。

ところで、猛暑の中、夾竹桃の花がきれいに咲いています。
この花のことを調べていたら、広島市の花になったいきさつも知りました。

私は、ずーっと前、この花がテーマになった映画を観ました。
「夾竹桃の花咲くたびに」が原作の映画「せんせい」です。
1983年公開、五十嵐めぐみさん主演の、長崎が舞台の映画です。
テレビでも放映されたので、ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

夏に夾竹桃の花を見るたびに、私はこの映画のことを思い出していました。

なぜ、この花の名前が原作に使われ、
映画のテーマになっていたのか、
やっと今ごろ、理解できたような気がします。

まもなく、長崎原爆 祈りの日を迎えます。