友達夫妻がやって来た の巻

姉さん女房
13.9.18
秋晴れです。
しかし、各地では大雨や台風による甚大な被害が…。もしお空に神様がいらっしゃるのなら、「どうかもう、そんなに怒らないでください。」とお願いしたい気持ちです。

さて…。
先週末、県外在住の友達夫妻がひょっこり訪ねてくれました。思いつきで長崎市内までドライブ&観光に来たらしく、「ちょっと出てこない!?」と突然のメール。
が、何せ出不精でお家が大好きな私ゆえ、「良かったら家に来ない?」と返信。そしてしばらくして到着。

夫妻とは中学の同級生なので周知の仲です。のっけから話は弾み、三段腹抱えて笑いっぱなしでした。

「じゃ、そろそろ行こうか。○○(当然呼び捨て)邪魔したな。」と立ち上がる旦那。
「じゃ、またね。」と名残惜しく見送っていたら、最後にダメだしのひと言を言い渡されました。
「あ、そうそう、お前さ、化粧ぐらいしとけよな。」

ハハハ、そういえばそうだった。どすっぴんでごめーん。
お互い飾らないのも何十年来の付き合いならではってことで、大目に見てよーって感じでした。

PS.
漢字の勉強頑張ると豪語したものの…少々挫折気味です。こんな私に活を入れて下さいm(__)m