確定申告書作成 の巻

姉さん女房
14.02.12
ソチオリンピックが開幕し、確定申告の時期がやって来た。
昨年の我が家の医療費は、夫の入院もあり限度額認定証を使ってでも約40万もかかった。そこで、払い過ぎた税金を取り戻すべく、確定申告書をポチポチっと作成し税務署に送付。忘れた頃に入金されたらニンマリしちゃおうかな。

先週、その夫が退院後初めての検査に行った。CTやらエコーやら採血やらと、検査となれば毎回半日がかり。で、「どうやった?」と聞くと「そいがさ…。」と。
ちょっとちょっと今度は何よぉって感じ。

「肝臓に何か?あるって、そいでもって胆石も持っとるらしか。」
「えぇ?それってどーゆーこと?」
「いや、実は先生はこれには前から気付いとったとけどね、何せ大変なガンをまず何とかする方が先なもんで、取りあえずこれは今は大事には至らんから後回し、という事やったらしか。」
「いやいやいや、もうよかってぇ…。」と言った後しばらくして、
「全くもう、あっちにもこっちにもでけもん(できもの)ばっかり作りやがってぇ!!」と言ったら、「おいはでけもんが好いとっと。」と笑っている。
そう、あれ以来我が家は【逆境を笑いに変える】というのがモットーとなっているのである。

そして次の検査日の予約表を私に渡すと、
「次の検査は9月やっけん。ひとまず9月までは生き延びた。」と、ケラケラ笑いながら言ったのであった。