ハム男、ハム爺になる の巻

姉さん女房
14.03.30
ハム男が我が家にやって来てから丸2年が経ちました。

いつの頃からか、丸みを帯びていた身体にハリがなくなり、お腹周りや足の毛が薄くなっているのに気付きました。
足取りもヨタヨタしていて、歩き方がおかしく、もしかして骨折したのではないか、病気ではないかと我が家の思春期共々心配したのですが…。

ジャンガリアンハムスターの寿命は2〜3年と言われています。色々調べてみるとそれは老化現象の現れらしく、よく考えるとハム男ももうお爺ちゃんなのですね。

「いつ命が尽きても、そのときは受け入れなければならないよね。」と次男。
その日からハム男の呼び名は『ハム爺』となりました。

「ハム爺〜、ご飯だぞ〜。」と、今夜も筋肉モリモリ男は甲斐甲斐しくトイレの砂を換え、えさをあげることでしょう。。。