生命保険の見直し の巻

姉さん女房
14.06.01
しばらく前に、とある「手術」を受けた。
手術といってもそんな大層なものではなく、外来で20分程で済む簡単なものである。
しかし、病名がついて『○○術』となれば、立派な「手術」なのである。

そこでふと思った。
「まてよ、入ってる生命保険に確か手術給付金ってあったような…。」

昨年夫が入院した時に、普段は見る事のない保険証券をひととおりじとーっと見ていたので思い出したのだ。
再度見てみると、確かに外来での手術も給付金請求の対象となっている。これは請求しない手はない。というわけで、書類を取り寄せ必要事項を書き、領収書のコピーを添付して送付したら、2週間もしないうちに入金されました。へへへ、ちょっとしたへそくり気分ネ。
(因みに私の入っている保険はバブル絶頂期の物で、今ではお宝保険と呼ばれているそう。家計が苦しかった時期に何度も解約しようと思ったけど、頑張って払って死守してきた保険なので愛着もありマス。)

そこでついでに、息子に入っている保険を見直すことに。さっそく営業レディの方に連絡して相談開始。数年前、学資保険が終わったのを機に入ったのだけれど、当時はなかったプランなんかもあって、もう一度錬って来てくれる事になった。

保険って難しいし何だか面倒くさいけれど、払っているお金が無駄にならないよう、時々引っ張り出して見てみるのも必要かもネ。