初・ふるさと納税 の巻

姉さん女房
14.08.11
私は自称ひきこもり主婦。家族と2〜3人の友人に支えられて生きている。
その友人の一人H美の、足の付け根に出来たグリグリがパンツに当たって痛い件は、あれからどうやら縮小してナリを潜めているらしい。出来た場所が場所だけに、病院に行くにも何科に行けばよいやらと困惑していた様だったがひとまずヨカッタヨカッタ。

そしてその友人のグリグリよりも深刻な問題が我が家に浮上、それは今年家族の一人が無事社会人になったがゆえに扶養控除が一人分無くなっちまうという事態である。控除額が減るという事は、要するに納める税金が増えるという事なのだ。これは家計にとって痛手なのである。

という訳で、少しでも税負担を軽減すべく今話題の【ふるさと納税】なるものをやってみる事にした。周知の通り、自治体に寄付をすれば税控除の対象となり、特典としてその地域の特産品が頂けるというものだ。早速検索を開始すると、それはそれは各地バラエティに富んでおるのですな。色々あって目移りするけれど、食べ盛りのヤローどもに食べさせるにはやっぱ肉だなと、美味しそうな牛肉に辿り着きポチッと申し込み。数日後、納付書が送られて来たので郵便局で納付。さてさてどんな感じで来るのか楽しみなのである。寄付証明書が届いたら来年確定申告をする必要があり、少々面倒くさい気もするが何事も経験なのだ。

ところで、話は変わって迷走していた髪型に変化が。うねうねとクセのある太くて無駄に多い髪の質と量に飽き飽きしていたので今回はガラッと変えて縮毛矯正してみた。そしたら出来上がりはまぁなんという事でしょう。カッパのカータンかはたまた沙悟浄(岸部シローの奴)という風貌になっているではありませんか。

「思てたんと違―う!!(T_T)」と鏡の前で言えるはずもなく、息子達からはブブッ( ゚艸゚)・;'.、と吹き出される始末。。。でもいいのいいの、3日もすれば慣れるから。

髪型ぐらいで落ち込んでちゃぁ「ダメよ〜、ダメダメ」(笑)