アラフィフの初体験 〜ヒトカラ〜

雨のち晴れ
16.04.15
ある日突然、一人カラオケ、通称ヒトカラに行ってみたくなりました。
※ラジオの影響(創成館の校長先生のおしゃべりが魅力的だったんです)

私が記憶しているカラオケといえば、会社の飲み会の2次会でスナックの片隅で分厚い曲本をめくって選曲していた時代、仲間どころか、知らない人たちにもお耳汚しをするというものです。
一人で歌出しをすることができるのか、それよりもまず、一人でお店に入れるのか、内心ビクビクでした。が、自分が考える程、お店の人は平日昼間のアラフィフ単独女を不信には思っていない様子、普通に受付をして、部屋へ直行です。

いよいよ、選曲からの歌い出し・・・選曲テーマは”グループ”
♪♪♪お約束の10分前に受付から「10分前ですよ」の電話でお知らせが・・・、早っ!!

ヒトカラでわかったことは
♪聴くのと歌うのでは大違い!実はサビの部分しか知らないので歌えない(ケツメイシの曲では途中が早口言葉みたいでついていけない)
♪非常に音域が狭い!声が出ない!高い音だとふるえる!で歌えない
♪タイトルを覚えていない!正しいタイトルがわからず、曲をセットするのにもたもたしてロスタイムが多かった

結局、4曲流したものの歌ったのは5分くらいでしょうか?!トホホ・・・

取り敢えず、ヒトカラ初体験、30分200円也!(ドリンク2杯 完飲)
音を外そうが、途中でやめようが、遠慮いらず、あっという間の30分でした。
これオススメ!!

これに懲りず、次のテーマは”女性ボーカリスト”にしようと思ったのでした。

♪おひとり様だったら、
ゆったりスペース

♪フリードリンク、
ソフトクリーム食べたかった
 
♪MVの俳優さんがイケメン&美女、
やっと最後に見る余裕ができた