若年時の紫外線 老眼に影響? の巻

姉さん女房
16.06.23
今日の朝刊の、ある記事のタイトルである。
それによると、若いときから紫外線を多く浴びた人ほど、早くから老眼を自覚しているという調査結果が出た、というものらしい。

「あーね、あーね!」と、思い当たるフシは幾つもある。

10代:部活・・・ギンギンの太陽の下、運動場でボールを追いかけてたわ。いつだって熱中症寸前のスポ根よ。経口補水液なんてあるわけないし、時々与えられる休憩時間に蛇口から水道水をガブ飲みよ。
 20代:バイク・・・颯爽と風を切って走っていたわ。だけど男にフラれた日には泣きながら風を追いかけたのよ。ビキニで海水浴へは、わざわざ「サンオイル」なる物を塗って小麦色に焼いたのよ。今では考えられないし、店頭にすら並んでないわ。
ビキニなんて言葉すら、発するのも恥ずかしいわ(笑)

             なつかしの「サンオイル」 →
30代:子育て・・・公園で遊びたがる子どもを、なりふり構わず追いかけたわ。だって目を離すとすぐいなくなっちゃうんだもの。気付いた時には噴水池にダイブしている次男、
海じゃどんどん沖の方まで泳いでいく長男…。お〜〜い、待て〜〜〜!

かくして、40代になりやっと屋内にジッとする事になるのだけれども、時すでに遅し。字はボヤけて見え、顔面には逆に見たくもない無数のシミが見える(泣)。でもね、一生懸命生きてきたの、仕方のないことよ、だから今があるのよ、と自分に言い聞かせる。

記事には、ノルウェーやイギリスの人達より、フィリピンやマレーシアの人達は早くから老眼になる傾向があると、書いてありました。これからの季節、日焼け止めとサングラスは必需品ですね。