松田聖子を歌いつくそう の巻

姉さん女房
16.10.31
前回、ユーミンを歌いつくしたのは2014年1月のことである。そして今回10月某日、久々に会った友人H美とハチャメチャでズッコケな楽しい1日を過ごした。

最後に会ったのは昨年12月上旬なのでほぼ1年ぶり。行動計画を立てる為のLINEのやり取りでは「こないだはどうだったっけ?」「えっとこないだはね」というメッセージが行き交う。あれからすでに1年経とうとしているのに、ついこないだの事になっている私達の時の流れってどうよと笑う。この年になるとそう、子ども達が幼稚園に通っていたのもつい先日の事なのである。なのに可笑しなもので、一昨日の晩何を食べたかをなかなか思い出せなかったりもする。う〜ん。

駅まで彼女を迎えに行き、まずは予定していた温泉へ。オフシーズンの平日とあってか、温泉もレストランもまるで私達の為にあるかのようでゆったりとした時間を過ごす事が出来た。持病の薬を飲むために、脱衣所にある水素水(今話題の?)の装置に100円を投入したのはいいが、コップを配置するのを知らずにダダ漏れして慌てたり、後で100円で2杯飲めると知り「そしたら1杯50円でいいじゃないか!」と機械にツッコミを入れたり、その会話を聞いていた他のお客様が堪え切れずにゲラゲラ笑い出したりと、オバサンの珍道中は何でもない事が事件なのである。何でもないような事が〜♪(笑)あ、それから風呂からあがった後の化粧(特に眉)は必須ヨ。

そして恒例のカラオケへGO。今回はタイトル通りと決めていた。友人はとても歌が上手い。そして実はそこそこ私も歌が上手い(コショコショ小声)。密室で何の恥じらいもなく大声を張り上げるのはストレス発散になり気持ちの良いものである。知ってる限りの松田聖子を歌いつくして山口百恵にシフトした頃、制限時間がやってきた。

同じ県内とはいえ遠く離れた場所に住む友を「まだまだ喋りたりんやったね」と言いながらまたの再会を約束し、駅まで送り届けたのでありました。友よ、素敵な時間をありがとうね♪ See You!