V・ファーレン長崎 J1昇格おめでとう! の巻

姉さん女房
17.11.13
J2参入6年目の長崎が自動昇格権圏の2位を確定させ、悲願のJ1昇格が決まりました。
おめでとうございます!すごいですネ。

監督さんや選手の皆さんの頑張りは勿論の事、ジャパネットの創業者であり現在のV・ファーレン長崎の社長である高田明氏は、本当に郷土愛溢れる素晴らしい方ですね。

「やれば出来る」という言葉は良く耳にしますし私もそう思いますが、やる気を出す為にはその気に出させてくれる人の存在が大事なんだなぁという事を教わったような気がします。

試合後のセレモニーでのスピーチでは、「この長崎という地は広島とともに原爆を落とされた地。これは平和について世界で唯一、語ることができるクラブだと思うわけでございます。」と述べられたとの事。本当にお人柄が良く出ていて、凄い方だなと思いました。そして写真を見ても、とても69歳とは思えないほど若々しい!

以前ジャパネットの社長をされていた頃のインタビュー記事で、家庭用ビデオカメラについて語られていた事があり、「運動会で我が子を録画するだけではなく、是非お父さんお母さんの姿も映されてください。子どもさんの幼き日の姿の横には、若き日の父と母がいたという事も記録してください。」と言う様な事を言われていて、こういう視点で物事を考えられる人だから社員がこの人について行きたいと思うし、商品が売れるんだろうなぁと目から鱗が落ちたことがありました。

全国紙の新聞のスポーツ欄にでかでかと「長崎」の文字が載るのは嬉しいですネ。
本当におめでとうございます。J1でも頑張って欲しいと思います。