春ですね の巻

姉さん女房
18.04.09
南国九州の長崎にしては厳しく感じた今年の冬の寒さから一転して、卒業式シーズン頃から暖かい日が続き、あの寒さに耐えた桜たちは一気に咲き乱れましたね。
私が子どもの頃は4月7日の入学式シーズン(大昔、入学式はだいたい4月7日だったよね)に咲いていた桜でしたが、地球温暖化の影響か近年はその頃にはほぼ散っている状態なのがちょっと寂しいかも。。。

私の勤める職場でも別れがありました。
4月に独立した社員さんと、産休に入ったパートさんの2名の欠員があり目下人員を絶賛募集中。
有難い事にコンスタントに履歴書が送られてきます。その度に上司から「この方どう思います?」と聞かれ、ちょいと拝見させてもらうのですが、たった1枚の履歴書で一体その人の何がどの位わかるんだ?と侮る事なかれ、その1枚で色々見えてくるものがあるものなのですね。
学歴や職歴は勿論の事、字の美しさや丁寧さ、写真の貼り方、履歴書の折り方、封筒の大きさや入れ方、宛名の書き方、自己アピールの仕方、見えてくる家族構成などなど。そこから見えてくる人となりに、この人はきっとこんな人だろう、いやいやこうでしょうと想像はどんどん膨らむのなんのって(笑)。

とはいえ、1枚の履歴書と数分の面接で、その人の人柄や能力を見極めて採用を決定するのはなかなか容易ではないようです。
面接するのも時間と労力を使いますし、人を雇うのって大変なんですね。

そこで、私の時はどうでしたか?と恐る恐る聞いてみました。
そしたら私と上司の掛け合いをずっと横で聞いていた社長が一言。
「もっと大人しい人かと思ってました。」って。デヘ、デヘヘヘ。
見立ては間違いだったという事か(笑)いや、その通りじゃあ〜りませんかってね。
♪春よ〜遠き春よ〜