お問合せ
>HOME
BACK
>INDEX

プリン体とは?

土屋 知洋
(つちや ちひろ)
ちひろ内科クリニック院長
長崎市馬町47-1 永田会計ビル3F
  TEL 095-828-0118  FAX 095-828-0308

ちひろ内科クリニック

 ビールなどに「プリン体70%カット」などと表示されているものがあります。
プリン体とは、細胞の中にある核酸やエネルギーの素となるATPの構成成分のひとつです。
体内のプリン体は大きく分けて2つからなり、細胞の新陳代謝によって出てくるものと食事から摂取されるものとがあります。
プリン体は肝臓で代謝されて尿酸になります。
体の中の尿酸が多くなると、痛風を引き起こします。
痛風以外にも尿路結石や腎不全、また動脈硬化をすすめ心筋梗塞なども引き起こしてきます。
予防としては、プリン体の多いアルコール(特にビール)を摂り過ぎないこと、尿がアルカリ性だと尿酸が尿に溶け出しやすくなるため野菜類や海藻類なとのアルカリ性食品を多く摂ること、有酸素運動(ウォーキングなど)を生活に取り入れることです。
  女性の場合、女性ホルモンの関係で尿酸が上がりにくいのですが、近年、女性も飲酒の機会が増え、高尿酸症の方が増えています。女性だからと言って安心せず、食生活や生活習慣を見直しましょう。 

当サイトが提供する文章・写真等すべてのデータを権利者の許可なく複製、転用、販売等、二次利用することを固く禁じます。
Copyright2003MIK@N communications ALL right reserved.