お問合せ
>HOME
>BACK
>INDEX

「外反拇趾」について

鬼塚 圭子
(おにづか けいこ)

さくら形成クリニック院長
〒852-8053 長崎市葉山1丁目44番1号
  
TEL 095-855-0025 FAX 095-855-0025
さくら形成クリニック

外反拇趾の手術による治療は、骨を切って一部切除し足の指の角度を変える方法で、効果的ではありますが、「骨折」と同じ状態ですから大変な治療です。場所的に体重が一番かかるところですので、手術後の安静もかなり必要です。

手術以外の方法では、装具による方法があります。市販の簡単なものから、自分の足の型を取って作成するオリジナルのものまであり、専用の靴や草履もあります。医師にご相談下さい。

ひとつ気をつけなければならないのは、単に外反拇趾だけでなく、他の病気が隠れていることがあるということです。痛みが続く場合は一度専門医を受診してみて下さい。

外反拇趾の原因として靴による圧迫以外にも靭帯・関節の弱さなどが関係していますので「完全に治す」のは難しいと思います。詰まるところ、生活を変えるか、変えられない場合は、自分なりに上手な付き合い方を見つけてうまくコントロールしていくことになると思います。

当サイトが提供する文章・写真等すべてのデータを権利者の許可なく複製、転用、販売等、二次利用することを固く禁じます。
Copyright2003MIK@N communications ALL right reserved.