お問合せ
>HOME
>BACK
>INDEX

膣カンジダ症

宮本 正史
(みやもと まさし)
産婦人科医師

 外陰腟カンジダ症はカンジダという真菌(カビの一種です)によって外陰部や腟に炎症がおこった状態です。酒粕状あるいはヨーグルト状の白いおりものが増え、外陰部が痒くなります。
 一方、成熟婦人の腟には乳酸を産生するよい細菌が存在しており悪い病原菌の繁殖を防いでいます(腟自浄作用)。この自浄作用が低下したときにカンジダが異常に繁殖し症状を引き起こします。他のご病気を治療する目的で抗生剤の投与を受けると、腟内のよい細菌までもが死滅し外陰腟カンジダ症になる場合があります。また、妊娠、糖尿病、免疫抑制剤、不適切な腟洗浄なども発症の誘因になるといわれています。
 外陰腟カンジダ症は大変不快であり、また、受診しづらい産婦人科で治療を受けなければならず、女性にとってはできればかかりたくない病気だと思います。しかし、今回のように、治療上やむをえず、抗生剤の投与を受けるケースはよくあることと思います。もともとのご病気を治療するために必要なお薬はきちんと使用し、残念ながら外陰腟カンジダ症を発症してしまったら、早めに産婦人科を受診して同時に適切な治療を受けることが大切だと思います。また、医療者側も安易な抗生剤の投与は慎むべきですし、おこりうる合併症に対する認識をあらたにし、また、患者さんへの心遣いもおろそかにしてはいけませんね。

当サイトが提供する文章・写真等すべてのデータを権利者の許可なく複製、転用、販売等、二次利用することを固く禁じます。
Copyright2003MIK@N communications ALL right reserved.