お問合せ
>HOME
>BACK
>INDEX

矯正に使用する器具はどんなものがあるの?

金岡 和博
(かなおかかずひろ)

長崎大学医学部・歯学部附属病院
歯並び・噛み合わせ治療室

専門分野:一般矯正 睡眠時無呼吸症候群

【固定式の装置】

1.舌側弧線装置 (リンガルアーチ)

主線に細いワイヤー(弾線)を付けて、ワイヤーの弾性によって反対になっている前歯を正しい位置に動かしたり、歯の生えるすき間を確保します。

2.急速拡大装置

上アゴの幅がせまい人に用います。

真中に付いたネジを毎日少しずつ回して、上アゴを左右に広げていきます。 幅が増すことで歯の並ぶスペースが得られます。

3.マルチブラケット装置

一本一本歯を動かし、かみ合わせをよくする装置です。

歯に、留め具(ブラケット)を装着し、ワイヤーの弾性によって歯に力を加え、歯を移動していきます。 ブラケットには、金属のものと、目立たない半透明なもの(セラミック、プラスチック)があります。

【 取り外しができる装置】

1.機能的顎矯正装置( FKO)
「かむ」という機能を利用してうけ口や出っ歯を改善します。

2.チンキャップ(オトガイ帽装置)

下アゴの成長をコントロールする装置です。

頭の帽子と下アゴの装置の間にゴムをかけ、ゴムの力で、下アゴの成長をコントロールします。

主に下顎前突(うけぐち)の症例で用います。

3.ヘッドギア
上アゴの成長をコントロールする装置で頭に巻いたベルト又は帽子から出たバネが、上アゴ歯に通したワイヤーとつながっています。 そのバネの力で上アゴの成長を抑えたり、出っ歯を抑制したりします。
【保定装置(リテーナー)】
正しい位置に動かした歯を安定するまでおさえておく装置です、後戻りを防ぐために使います。(付けている期間は約2年間です。)

上顎(上アゴ)

取り外しができますが、食事の時や歯を磨くとき以外は一日中付けています。

下顎(下アゴ)

左右の糸切り歯(犬歯)の裏から接着し固定します。

目的によって様々な形のものがあり、患者さんの成長過程によっても、使用する装置はかなり異なってきます。
上記の装置は代表的なものです。

当サイトが提供する文章・写真等すべてのデータを権利者の許可なく複製、転用、販売等、二次利用することを固く禁じます。
Copyright2003MIK@N communications ALL right reserved.