お問合せ
>HOME
BACK
>INDEX

更年期 をより軽く過ごすために

立石 由紀子
 (たていし ゆきこ)

立石産婦人科医院 院長

〈運動〉

 自分に合った運動を選び、無理のない程度に毎日続けましょう。丸くなったり、体を思いっきり伸ばしたり体の力を抜くなど、簡単なことでもリラックス効果がありますよ。夜、寝る前にすると、適度に疲れてぐっすり眠れます。
 
〈心構え〉

 更年期障害を訴える人は、どちらかというと、まじめで、自分を犠牲にしてでも 周囲の人のために頑張ってしまう人が多いようです。頑張り過ぎるのはやめましょう。更年期であることを自分が認めること、そして家族にも周囲の人にも認めてもらうこと。認めることに、重要な意味があるのです。

 ひょっとしたら、あなたのパートナーも男性更年期かもしれません。八つ当たりをしたり落ち込んだり、周囲の人を傷つけていませんか? 感情的になって判断を誤ってはいませんか?
 更年期を乗り切るためには、自分をほめて楽しく過ごしましょう。鏡に映ったあなたの顔は、眉間にしわが寄っていませんか? 「今日も一日良くやった!」と言ってにっこり笑ってください。
 
〈食事〉

 バランスの良い食事を心がけましょう。イソフラボン(植物性エストロゲン、大豆製品に多い)、ビタミン、カルシウムを効果的に取り入れてください。ただし自己判断でサプリメントを使用するのは危ないことがあります。

 また、サプリメントの品質に問題がある場合、基礎疾患があってサプリメントが逆効果になる場合もあります。
 産婦人科医に相談をしてください。
会報誌Monet2007年秋号

当サイトが提供する文章・写真等すべてのデータを権利者の許可なく複製、転用、販売等、二次利用することを固く禁じます。
Copyright2003MIK@N communications ALL right reserved.