お問合せ
>HOME
>BACK
>INDEX

「ウオノメ」について

鵜殿 雅子
(うどの まさこ)

うどの皮ふ科 院長
長崎市元船町5−4 メディカルモール元船2F
  
TEL 095-818-8112 FAX 095-818-8113
うどの皮ふ科

 人魚姫じゃあるまいし、一歩一歩踏み出すたびに激痛が走る・・・。
 原因はウオノメ、タコ。これらは、皮膚の角質層が、同部位に絶えず圧力がかかるため、身を守ろうとして厚くなったものです。

 急激な圧力のため皮膚が傷ついた場合が靴擦れで、消毒して圧力を防げば1〜2週で治ります。

 ウオノメ、タコの原因は、足の形が悪い、歩き方が悪い、靴と足があっていない、等に大別されます。治療は、厚くなったところを除去するしかありません。自分ではしにくい場所は、病院で削ってもらえます。
 但し普通2〜3週間もすれば、元通りに・・。仮に手術で取り除いても、前述の原因が続いている限り再発します。足の形はどうしようもありませんが、要は同一部位に力が加わらなければ良い訳ですから、市販のドーナツ型のクッションテープを貼ったり、少し大きめの靴に厚めの靴下をはいたりと工夫してみて下さい。
 時々、ウオノメと思っていたのが、実はイボだったということがありますので、一度専門医に診てもらって下さい。

これからのブーツの季節に気になる足のむれ、においは、足に汗をかきやすい人に多いようです。同じ靴を毎日履かないようにして、アルコールを足にスプレー(または拭き取る)すると、雑菌の繁殖が抑えられてにおいが減ります。
 ミズムシの足も、独特のにおいがありますので、早く治すに限ります。世間ではミズムシはちょっと格好悪い(?)らしいですが、皮膚科ではよく見かける病気で、少しも恥ずかしいものではありません。最近は、塗り薬が効かない時は、飲み薬も使用されています。

当サイトが提供する文章・写真等すべてのデータを権利者の許可なく複製、転用、販売等、二次利用することを固く禁じます。
Copyright2003MIK@N communications ALL right reserved.