お問合せ
>HOME
BACK
>INDEX

チョコレート嚢胞(のうほう) Vol.1 チョコレート嚢胞とは

安日 泰子
(やすひ やすこ)

やすひ ウイメンズヘルス クリニック院長
長崎市銅座町2-15NKイリスビル5F
TEL.095-825-9700
やすひ ウイメンズヘルス クリニック

【チョコレート嚢胞って - 子宮内膜症 -】

 子宮内膜症の原因はよくわかっていないのですが、本来子宮内腔にあるべき子宮内膜がいろんな場所に飛び火し、毎月の月経時にそこで出血をし、飛び火した先で古い血液が溜まるなど、周囲の臓器と癒着しあうといったことが起こります。
 原因のすべてはわかっていないのですが、排卵や月経があると進行することは明らかで、免疫や感染との関連があるだろうとされています。


 色んな場所にできるので、できた場所で通称別名を使って呼びます。チョコレート嚢胞とは卵巣に子宮内膜症ができることです。
 通常月経痛・性交痛・排便痛などの症状があります。次第にその痛みが長く強くなっていくことが多いです。時にチョコレート嚢胞は破裂することがあり、その場合激しい痛みで救急受診および手術になることがあります。


 内膜症全体の30-50%が不妊症になるとされていますし、4-50代以降のチョコレート嚢胞は卵巣がんに移行する率が高くなるとされています。
初経から閉経まで気の抜けない、付き合っていただく必要がある病気です。

掲載日:2017年10月18日

当サイトが提供する文章・写真等すべてのデータを権利者の許可なく複製、転用、販売等、二次利用することを固く禁じます。
Copyright2003MIK@N communications ALL right reserved.