お問合せ
>HOME
BACK
>INDEX

ホワイトニングとティースクリーニング

吉田 教明
(よしだ のりあき))

長崎大学歯学部 教授

ホワイトニングとは・・・
 歯が黄色く変色すると気になるものです。「人前で自信をもって笑えない、歯を白く美しくしたい」との要望から生まれたのがホワイトニングです。言わば、歯の美白と考えていただければよいでしょう。歯の表面に薬剤を作用させて白くする方法で、歯を削らずにすむのがメリットです。

●どんな治療があるの?
 オフィスブリーチング:
 診療室内で行います。院内で漂白剤を塗布し、光また はレーザーを照射して漂白します。

 ホームブリーチング:
 自宅で行います。専用プレートを作成後、患者様個人で漂白剤を使用していただきます。

●効果は長続きするの?
 ホワイトニングで白くした歯は、1年から2年で効果が薄れてきます。したがって、定期的にエステ感覚で1、2年ごとにホワイトニングを行うことをおすすめします。

●気になる料金は?
 神経のない歯のホワイトニングには保険が適用されますが、生活歯(神経のある歯)では、自費診療となりますので、各医院で料金が異なります。医師にご相談ください。

 治療前
 治療後

ティースクリーニングとは・・・
 つや出しとも言われる治療で、通常の歯磨きでは落ちないような汚れを丁寧に隅々まで取り除くものです。

●治療の内容は?
 歯の表面に付着した汚れ(タバコのヤニ、茶渋など)を重炭酸ナトリウムを噴射させて除去します。

●何回くらい行うの?
 1〜2回で終了します。

●どの程度効果があるの?
 ある程度白さも回復します。年に2〜3回行うことによって口の中の健康が保てます。

治療前
 
治療後
 

審美歯科治療 Q&A 

M:ひと月あたり、何人くらいの患者さんが受診されるのですか?
Dr.:今のところ、審美歯科診療として厳密にカウントすると、一日10人以下でしょうか。
広くカウントすると、10人ははるかに超えますし、矯正治療も含めますと、この数は増えてきます。

M:主に何歳くらいの方が多いのでしょうか?
Dr.:正確には把握しておりませんが、ホワイトニングに関しては、若い女性から中高年の方まで幅広いですね。ラミネートベニア等は中高年の方が中心ではありますが、やはりいろいろな年齢層の方が来られます。

M:ホワイトニング・ティースクリーニングの処置に伴う痛みなどはないのでしょうか?
Dr.:注射麻酔は必要がありませんし、歯を削ることもないので痛みはほとんどないと言ってもいいでしょう。このような点からもおすすめしたい治療ですね。

M:処置時間はどのくらいかかるのでしょうか?
Dr.:ホワイトニング・ティースクリーニングとも、約1時間くらいです。ご自身で行っていただくホームブリーチングは、もう少し時間がかかりますね。
 

 会報誌Monet2003年10月号掲載

当サイトが提供する文章・写真等すべてのデータを権利者の許可なく複製、転用、販売等、二次利用することを固く禁じます。
Copyright2003MIK@N communications ALL right reserved.