CONTENTS
HOME >>
会社案内 >>
マネー・コンシェルジュ >>
料金体系 >>
お問合せ >>
SPECIAL LINKS
ブログ >>
NEWS ROOM >>
賢い女性の保険講座 >>
お役立ち >>
マネー・コンシェルジュ

より賢くお金を使うために、暮らしの中の様々なシーンに
スポットをあて、主婦の目線でわかりやすく解説します。
▼ 保険

最新の病気治療と、医療保険について 
この10年ほどで、多くの医療保険・ガン保険の仕組みや保険料が変わってきました。
保険の特約内容の変化は、「医療現場の治療法の変化」と「顧客のニーズ」が背景にあります。
例えば、ガンの治療について。一昔前までは、ガン治療と言えば「外科的手術」「抗がん剤」「放射線治療」のみでした。・・・・つづきを読む
 
保険の見直し
私の事務所でお客様からの相談件数トップは毎年「保険の見直し」です。
一口に保険といっても、色々ありますが、今回は医療保険について、女性からよくある質問をQ&A方式でご紹介します。・・・・つづきを読む
 
お知らせ

年金相談会のご案内

年金の改定を前に1月に「年金相談会」を開催します。
・・・・詳細を読む

 
個別相談会のご案内と相談時のコツ 

5月に「個別相談会」を開催します。
・・・・詳細を読む

 
▼ ファイナンシャルプラン

家計管理と上手な資産形成について

「家計簿をきちんとつけているのに、全く貯蓄が増えない」というご家庭でも、家計簿に意味が無いという訳では無く、それよりももっと簡易に家計管理をできる方法もありますので、ご紹介します。・・・・つづきを読む

 
家庭経営 成功のカギは家庭円満にあり 

毎年、年間50世帯以上のご家庭のファイナンシャルプランを診断させて頂きますが、「資金が上手く回っていて、家計が安定しているご家庭」というのは、どのご家庭も夫婦円満です。
・・・・つづきを読む

FPについて
FPの仕事はどんな内容なのか?皆様はどんなタイミングでFP相談を依頼するのが効果的なのか?を具体的にお知らせしたいと思います。・・・・つづきを読む
▼ 制度について

年金改革案について
先日、厚生労働省から、3つの『年金改革案』が提示されました。
「私はどーなるの?」と思っている方のために年金制度の現行と改革案を比較しながら、わかりやすく説明します。・・・・つづきを読む
 
新年度・新生活に向けてのファイナンシャルプラン
もうすぐ新学期。お子様の進学や転勤などで新しい生活をされる方も多いのではないでしょうか。今回のマネーコンシェルジュでは、新生活をキーワードに、各種資金計画のアドバイスをしたいと思います。・・・・つづきを読む
▼ 資産形成

資産運用について Vol.4 安定的な運用を目指せる商品

個別株の購入は、企業情報や値動きを見張るのが大変ですからお薦めではありませんが。。。今回は「できるだけ安定的な運用ができる方法」をレクチャーしたいと思います。
・・・・つづきを読む

資産運用について Vol.3 長期運用&分散投資

Vol.2でリスクの高い商品についてお話しましたが、結論としましては「一つのモノに投資するのは危ない」ということです。また、素人の方が短期的な投資(投機)で勝ち続けるのは絶対に無理ということです。・・・・つづきを読む

資産運用について Vol.2 リスクの高い商品

Vol.1で将来のゆとりを得るために資産運用は必要であること、そして正しい資産運用のためには知識が必要であることをご説明しました。それでは、誰でも資産運用はすぐにできるのでしょうか?・・・・つづきを読む

資産運用について Vol.1 資産運用の必要性と知識の必要性
現行の公的年金制度では、多くのご家庭で老後資金が3,000万円ほど不足します。60歳から64歳までの無年金期間の穴埋め、それから、年金が支給されてからの不足分と旅行などの趣味費です。もし公的年金制度が変わって年金支給開始年齢が・・・・つづきを読む
お金を貯めるコツ
教育費に住宅資金、老後資金・・・いざと言うときのため、お金は必ず必要。
「人まかせ」ではなく「自助努力」で努力できる部分はしておかなくてはなりません。
今回は誰にでもできる「お金を増やす」コツを書きたいと思います。・・・・つづきを読む
お金を殖やす
「お金を貯める」に引き続き、次は、実際に貯めたお金をどう運用するかが課題となります。
数年前から個人の資産運用ブームですが、個人ができる運用は大きく5つに分かれます。・・・・つづきを読む
「外貨建て年金」について
今回は、「外貨建て年金」の仕組みについて、勉強してみましょう。この商品は、保険会社販売のものですが、分かりやすい仕組みなので、ここ数年銀行の窓口でも販売されています。もちろんこの商品も為替による影響を受け、・・・・つづきを読む
▼ 老後資金

老後の年金を他人任せにしていませんか?
皆さんは老後にどんな夢をもっていますか?セカンドライフはどう過ごそうかと計画していますか?「想像したことすら無いよ」「なるようにしかならない」と思っているかた、ちょっと想像してみて下さい。・・・・つづきを読む
▼ 教育資金

教育費について
お子様がいらっしゃるご家庭はもちろん、今から出産かなというカップルにとっても、将来の子供の教育費は一番気になるお金の悩み。
雑誌等には、子供一人あたり2000万とも、3000万とも書かれていますが、実際のところどうなのでしょうか?・・・・つづきを読む
習い事費用について
「子育て費用の総額」は、習い事・塾の費用をいくらくらいかけるかで、大きく違います。
学費同様、「家庭の資金力」と「習い事の費用」の兼ね合いは考えなければなりません。
「資金力」がない場合には「家庭力」でカバーできます。・・・・つづきを読む
Copyright(c)2009〜 MIK@N COMMUNICATIONS All rights reserved.